おすすめのスポーツブックメーカー

ウィリアムヒル(William Hil)の登録ガイド!評判・口コミ・入金・出金方法を完全解説

人気スポーツブック「ウィリアムヒル(William Hil)」の、登録方法から入金・出金方法までまとめました!
初心者プレイヤーが気になるボーナス情報や、評判や口コミも紹介しているのでぜひ参考にしてください。

ウィリアムヒル(William Hil)とは?


Williamhil(ウィリアムヒル)はイギリスに本拠を置く世界最大のブックメーカーです。主にスポーツを対象にベッティングサービスを提供しており、日本からでもネットを通じてさまざまなブック(賭け)が楽しめます。

日本では公営ギャンブル以外の賭け事は違法ですが海外にサーバーを設置するWilliamhilのサービスを国内から利用する行為は法律が禁じる賭博行為とはみなされておらず安心して楽しめます。

ウィリアムヒル(William Hil)の基本情報

ブックメーカー設立 1934年
ブックメーカー運営運営会社 WHG (International) Limited
ブックメーカーライセンス 英領ジブラルタル島ライセンス
キャッシュイン
サポート対応時間 年中無休:13時~22時まで
日本語対応

ウィリアムヒル(William Hil)のキャンペーン情報


ウィリアムヒルではブックが更に楽しくなるさまざまなキャンペーンを実施しています。
初めてウィリアムヒルを利用する方を対象に登録するだけで3000円がもらえる大変お得なキャンペーンが開催中です。

入会金や登録料は無料なのでまだウィリアムヒル未経験の方は早速登録してみることをオススメします。
ウィリアムヒルでは新規登録のプレイヤーを対象に初回入金100%ボーナスキャンペーンを実施しています。条件は「初めてのスポーツベッティングで1.5倍以上のオッズに20ドル以上ベットすること」です。

条件を満たすと最大100ドルを上限にベット額の100%相当額がフリーベットとして4分割で受け取れます。注意しなければいけないのは、初回入金100%ボーナスには受け取り申請が必要なことです。

条件を満たしたらウィリアムヒルのお問い合せページから初回入金100%ボーナスの受け取り申請をしてください。申請しないと条件を満たしていても支払われないので初回ベットを終えたらすみやかにサポートで手続きしましょう。

その他にも出金ボーナスや期間限定キャッシュバックなどさまざまなキャンペーンが随時開催されているのでこまめにキャンペーン情報のページをチェックして取りこぼさないようにしてください。

ウィリアムヒル(William Hil)がおすすめの理由

豊富なベットで初心者から上級者まで楽しめる

ウィリアムヒルの最大の特徴が豊富なベットです。スポーツを中心に大統領選挙やレコード売上まであらゆるものが賭けの対称として用意されています。賭けの内容も単純な勝敗だけでなく点差や点を取るプレーヤーが誰なのか、退場者の有無や反則の数までシンプルなものからマニアックなものまでそろっています。

複雑に見えますが単純なハイ・ローやイエス・ノーで別途できるものも多いので初心者から上級者まで誰でも楽しめます。オリンピックやワールドカップなどビッグイベントの開催時期には参加者も急増し動く金額も高額に膨らみます。見事予想が的中すれば一攫千金も夢ではありません。

日本人スタッフによる充実したサポート体制

サポートの充実度もウィリアムヒルの特徴です。日本語サポートに力を入れているウィリアムヒルでは日本人スタッフが年中無休でサポート窓口を担当。営業時間内であればリアルタイムチャットで素早く対応してくれるので安心です。送金や出金などネット経由のお金の移動も万全のサポート体制のおかげで不安はありません。

ロンドン証券取引所に上場している一流企業という安心感

世界最古のブックメーカーであるウィリアムヒルには圧倒的な安心感があります。イギリスでは ロンドン証券取引所に上場している超一流企業なので詐欺や不正の心配はありません。ネットのブックメーカーやオンラインカジノの中には胡散臭いサイトも見られますが、ウィリアムヒルは安心して遊べるという点において間違いなく世界トップクラスです。

ウィリアムヒル(William Hil)の始め方・登録方法

ウィリアムヒル(William Hil)の始め方・登録方法を紹介したいと思います。

ウィリアムヒル(William Hil)の入金方法

ウィリアムヒル(William Hil)の入金方法を紹介したいと思います。

ウィリアムヒル(William Hil)の出金方法

ウィリアムヒル(William Hil)の出金方法を紹介したいと思います。

ウィリアムヒル(William Hil)の口コミ・評判

ウィリアムヒル(William Hil)の口コミ・評判を紹介したいと思います。

ウィリアムヒル(William Hil)への問い合わせの方法

ウィリアムヒル(William Hil)の問い合わせの方法を紹介したいと思います。